パッカーズ 最新ニュース

2015年4月15日

Mock Draft集 ver.1

ドラフトが近づいてきたので恒例のモックドラフト集。CB2人のFA退団によりCB指名予想が圧倒的になってきたが、どのCBを獲るかはかなりバラついている。1巡ILB予想が意外に少ないのは、今年はILBが豊作でないためだろう。1巡オフェンス予想は1件だけ。

2015 NFL Mock Draft Links ver.1
メディア / 担当者 日付  rd.  Player Pos. College 映像
NFL.com / Charley Casserly 4/13 1巡 Jalen Collins CB Louisiana State Highlights
NFL.com / Lance Zierlein 4/08 1巡 Ereck Flowers OT Miami  
NFL.com / Brian Baldinger 4/06 1巡 P.J. Williams CB Florida State Highlights
NFL.com / Daniel Jeremiah 3/18 1巡 Kevin Johnson CB Wake Forest Highlights
NFL.com / Bucky Brooks 3/30 1巡 Jordan Phillips NT Oklahoma  
NFL.com / Charles Davis 3/25 1巡 Kevin Johnson CB Wake Forest Highlights
ESPN / Mel Kiper 4/09 1巡 Jalen Collins CB Louisiana State Highlights
ESPN / Todd McShay 3/30 1巡 Marcus Peters CB Washington Highlights
CBS Sportsline / Rob Rang 4/13 1巡 Jordan Phillips NT Oklahoma
CBS Sportsline / Dane Brugler 4/13 1巡 Eric Rowe CB Utah  
CBS Sportsline / Pete Prisco 4/14 1巡 Byron Jones CB Connecticut Highlights
CBS Sportsline / Will Brinson 4/03 1巡 Marcus Peters CB Washington Highlights
Sports Illustrated / Don Banks 4/09 1巡 Eric Kendricks ILB UCLA Highlights
Sports Illustrated / Peter King 4/01 1巡 Denzel Perryman ILB Miami Highlights
Sports Illustrated / Chris Burke 4/14 1巡 Owamagbe Odighizuwa DE/OLB UCLA Highlights
    2巡 Stephone Anthony ILB Clemson Highlights
USA Today / Nate Davis 4/14 1巡 Byron Jones CB Connecticut Highlights
National Football Post / Greg Gabriel 3/21 1巡 Bud Dupree OLB Kentucky Highlights
Yahoo! Shutdown Corner / Eric Edholm 3/24 1巡 P.J. Williams CB Florida State Highlights
    2巡 Denzel Perryman ILB Miami Highlights
Rotoworld / Josh Norris 4/14 1巡 Jordan Phillips NT Oklahoma
Ourlad 4/08 1巡 Eli Harold OLB Virginia Highlights
Draft Countdown 4/13 1巡 Stephone Anthony ILB Clemson Highlights
    2巡 Clive Walford TE Miami Highlights
    3巡 Alex Carter CB Stanford  

2015年4月14日

Notebook: FBクーンと再契約

人事関連ニュースに「人」マークをつけるようにしてみた。

Packers 2015 Preseason Game Schedule
Date   Opponent   Time
8/13 - 17 @ New England Patriots 未定
8/20 - 24 @ Pittsburgh Steelers 未定
8/27 - 30   Philadelphia Eagles 未定
9/03 - 04   New Orleans 未定

2015年4月 3日

Notebook: ノーズタックル2人の契約詳細

2015年3月31日

B.J.ラジと再契約

ガイオンに続き、NT B.J.ラジもパッカーズとの1年契約に合意した。NFL Networkによると$3.5ミリオン、インセンティブを合わせると総額$4ミリオンとのこと。ラジはケガのため、ガイオンは不祥事のため、2年連続の1年契約を受け入れた。2人とも予想よりは高くなってしまったが、この2人を合わせて$6ミリオン強なら悪くない。昨季を戦ったDL陣にラジが加わり、2年目・3年目選手たちの伸びシロも期待できる。ドラフトではLBやCBの強化を優先できる形ができたと言えそうだ。

◆ ◆ ◆

B.J.ラジ B.J. Raji はニュージャージー州ワシントン・タウンシップ出身の28歳。ボストン・カレッジから2009年1巡9位でパッカーズに入団し、2年目には6.5サックの大活躍で優勝に貢献。とくにベアーズとのNFC決勝でのINTリターンTDは球団史上に残るビッグプレーだった(ビデオ)。その後の2年間は主にDEをプレーして今ひとつの出来。初FAとなった昨年は$4ミリオンの1年契約に甘んじた。DEからNTに戻って順調なキャンプを過ごしていたが、プレシーズン第3戦で上腕二頭筋を断裂してシーズンエンド。地元ニュージャージーでリハビリを手伝うトレーナーによると、彼はトレーニングにきわめて熱心で筋力の回復ぶりは目覚ましいとのこと。

2015年3月30日

NTルトロイ・ガイオンと再契約

NTルトロイ・ガイオンがパッカーズとの1年契約に合意した。詳細は不明。先日パッカーズが$1.3ミリオンをオファーしたらしいが、その後シーホークスを訪問したことで金額を引き上げたかもしれない。昨年パッカーズに移籍した彼は開幕からフルタイムのスターターとなり、B.J.ラジ(上腕二頭筋断裂で全休)の穴をよく埋める働きをした。今春は契約延長にむけて交渉を進めていた矢先、マリファナ大量所持で逮捕。司法取引により不起訴となったものの、安価な1年契約を受け入れざるをえない立場になった。

追記: ESPNのアダム・キャプラン記者によると、総額$2.75ミリオンとのこと。予想されたより高額だが、出場停止も予想されるのでインセンティブを多くしてあるかもしれない。そうでなくても、出場停止分はサラリーが支払われない。

◆ ◆ ◆

ルトロイ・ガイオン Letroy Guion はフロリダ州スターク出身の27歳。フロリダ州立大から2008年ドラフト5巡指名でヴァイキングスに入団、徐々に成長してローテーションの一角に加わった。4年目を終えてFAとなり、総額$9ミリオンで再契約して先発ノーズタックルに。しかし期待されたほどの成長を見せられず、昨年3月に解雇されてパッカーズにやってきた。パッカーズの環境を "football heaven" と呼ぶほど気に入っており、逮捕後もマッカーシーHCと頻繁に面談するなど残留に前向きな姿勢を見せていた。あとはNFLからの処分がどうなるか。

2015年3月28日

Notebook: スタジアム西方の開発計画

2015年3月24日

Compensatory Pickは6巡2つ

NFLから配布されるCompensatory Draft Pick(補償ドラフト指名権)として、今年のパッカーズには6巡指名権が2つ与えられた。これは前年のFA市場で流出の方が大きかった球団に配布されるもので、NFLの戦力均衡策の1つ。今年は14球団に32指名権が配布された(全リスト)。計算方法は公開されていないが、おもに契約の大きさと移籍後の出場時間を元に算出される。なお、この指名権はトレードできない決まりとなっている。

これで今年のパッカーズの指名権は以下の9つとなった。

 1巡30位
 2巡30位 (全体62位)
 3巡30位 (全体94位)
 4巡30位 (全体129位)
 5巡30位 (全体166位)
 6巡30位 (全体205位)
 6巡35位 (全体210位) ← Compensatory Pick
 6巡37位 (全体212位) ← Compensatory Pick
 7
巡30位 (全体247位)

昨年パッカーズから出て行った高額FA選手は、Cイヴァン・ディートリック=スミス(4年$14.25MでTBへ)、WRジェームズ・ジョーンズ(3年$10MでOAKへ)の2人。あとはOTマーシャル・ニューハウス(CIN)とDE C.J.ウィルソン(OAK)がともに1年80万ドル前後で、彼らの分はカウントされなかったようだ。逆にパッカーズが獲得したFA選手はゼロ。OLBペッパーズもNTガイオンも解雇選手のため、このFA収支にはカウントされない。(元々それを見越して獲得している)

1994年に同制度ができて以来パッカーズは35指名権を受け取っていて、これはレイヴンズ(44)に次いで多い。近年では、RGジョシュ・シットン(2008年4巡)、DEマイク・ダニエルズ(2012年4巡)といった中核選手がこの指名権で入団している。

2015年3月17日

CBトラモン・ウィリアムズはブラウンズへ

フリーエージェントとなっていたCBトラモン・ウィリアムズがブラウンズとの契約にサインした。3年総額$21ミリオンと報じられている。彼は前日からブラウンズを訪問し、またレイヴンズも興味、という噂が出た矢先のことだった。ブラウンズはこの契約前の時点で約$41ミリオンものキャップスペース(NFL最高)があり、2年総額$8ミリオンあたりをオファーしていたパッカーズはとても対抗できなかった。CBデヴォン・ハウスに続き長年のスターターを失ったチームにとって、ドラフトでのCBの重要度が大きくアップすることになった。

◆ ◆ ◆

トラモン・ウィリアムズ Tramon Williams はルイジアナ州ナポレオンヴィル出身。この日がちょうど32歳の誕生日だ。高校ではフットボールの他にバスケや陸上でも活躍したが奨学金オファーはなく、エンジニアになるつもりでルイジアナ工科大へ。フットボール部の練習を見ているうちにその気になり、トライアウトを受けてウォークオンで入部した。2年間スターターを務めたもののドラフト指名されずに2006年ドラフト外でテキサンズに入団。開幕前に解雇され、シーズン半ばにパッカーズのプラクティス・スクワッドにやってきた。

翌2007年に初めて開幕ロースター入りを果たすと、シーズン末までに3番手/ニッケルバックの座を手に入れた。アル・ハリスとチャールズ・ウッドソンの下で、時おり代役スターターを務めながら着実に成長。2010年にハリス(大ケガで退団)の後任スターターになると、シーズン6INT(さらにプレーオフで3INT)の大活躍でスーパーボウル制覇に大きく貢献した(当時はパントリターナーも兼ねた)。ランサポートに脆さはあるものの柔軟な動きで球際に強く、高いボールスキルがある。通算28インターセプトは球団史上10位タイ。これまで8年間でわずか1試合しか欠場していない。

2015年3月15日

FA: 動きなし

FA解禁からこれまで、外部からの補強をしていないのはパッカーズだけとなった。

2015年3月12日

RTブライアン・ブラガの契約詳細

RTブライアン・ブラガがサインした契約の詳しい内容が以下のとおり判明した。契約ボーナス$8ミリオンをふくむ総額$33.75ミリオンの5年契約で、来年春に$2.25ミリオンのロースターボーナスがある。1試合出場するごとのロースターボーナスが設定されているのはこれまでのパッカーズ主力と同じだが、それが毎年少しずつ増えていくのは初めてではないか。年平均$6.75ミリオンはLGシットンと並んでパッカーズのOL中最高額タイで、全OT中24位らしい。

WRコブとRTブラガの今年のキャップナンバーを合わると$8.95ミリオン。QBトルジーンやRFA選手たちへのテンダーを合わせ、現在パッカーズのキャップスペースは$21.8ミリオンほどと見られている。

Bryan Bulaga's new contract
Year 契約ボーナス ロースターボーナス ベースサラリー ワークアウト 出場ボーナス キャップナンバー キャッシュバリュー
2015  (1.600,000)    1,250,000  250,000 500,000 3,600,000 10,000,000
2016  (1.600,000) 2,250,000 950,000 250,000 550,000 5,600,000 4,000,000
2017  (1.600,000)   5,400,000 250,000 600,000 7,850,000 6,250,000
2018  (1.600,000)   5,850,000 250,000 650,000 8,350,000 6,750,000
2019  (1.600,000)   5,800,000 250,000 700,000 8,350,000 6,750,000
8,000,000         33,750,000 33,750,000