パッカーズ 最新ニュース

2014年4月16日

QBマット・フリンと再契約

FAとなっていたQBマット・フリンがパッカーズとの再契約に合意した。金額も年数も今のところ不明。彼はこの日ジャイアンツ(元QBコーチのボブ・ベン・マカドゥーが新OC)を訪問する予定になっていたが、そのことがパッカーズ側の譲歩を引き出したのかもしれない。これでパッカーズのQB陣は昨季終盤と同じ陣容となった。昨季中盤の大混乱で、首脳陣も控えQBの重要さを思い知らされたのは間違いない。フリンとしてももう先発のチャンスがない以上、慣れ親しんだシステム・環境で続けるメリットは大きい。

マッカーシーHCは2月に「QBは4人必要」と語っていたので、ドラフト下位あるいはドラフト外で1人獲って4人体制でキャンプを迎えることになりそう。昨年キャンプイン時の控えQB陣がグレアム・ハレルとB.J.コールマンだったことを考えると、2番手・3番手とも大きなグレードアップだ。スコット・トルジーンの成長しだいではフリンの2番手の座も安泰でないが、トルジーンが伸び悩んだ場合の保険があるのは大きい。

◆ ◆ ◆

マット・フリン Matt Flynn はテキサス州タイラー出身の28歳。ルイジアナ州立大では3年までジャマーカス・ラッセルの控えを務め、4年目に先発昇格して全米王座に大きく貢献。2008年ドラフト7巡でパッカーズに入団すると、不振のブライアン・ブローム(同期2巡)を追い抜いて2番手QBとなった。2010年第15週NE戦と2011年第17週(球団記録タイの6TDパス)の大活躍により、注目を集める存在に。

2012年春にシーホークスへFA移籍したものの、驚異の新人QBラッセル・ウィルソンに敗れ、ふたたび控えに。昨年はトレードでレイダーズに移ったが、ここでも先発QBになれず10月に解雇。次のビルズも半月ほどで解雇されてしまった。ロジャース長期欠場で苦しむパッカーズに再び拾われると、MIN戦(引き分け)、ATL戦、DAL戦といずれも大きな劣勢を跳ね返す活躍で、逆転プレーオフへの道を開いた。

2014年4月10日

プレシーズンの対戦相手決まる

プレシーズンゲームの対戦相手と大まかなスケジュールが下表のとおり発表された。第3週レイダーズ戦はCBSで全国放送と。日時まで確定しているのはそこだけで、それ以外はレギュラーシーズンのスケジュールと一緒に発表(今月後半)されるはず。プレシーズン初戦の日程が決まるとそこからキャンプインの日にちが自動的に決まる。(プレシーズン初戦の15日前にならないとキャンプインできないルール)

なお、プレシーズンの対戦相手は各球団がそれぞれ独自の話し合いで決めるもので、対戦相手の埋まらなかった球団だけNFLが斡旋することになっている。

Packers 2014 Preseason Game Schedule
Date   Opponent   Time 米TV
8/7 - 10 @ @Tennessee Titans 未定 state
8/14 - 18 @ St. Louis Rams 未定 state
8/22   Oakland Raiders 08:00 CBS
8/28   Kansas City Chiefs 未定 state

2014年4月 4日

FBジョン・クーンと1年契約

FAとなっていたFBジョン・クーンがパッカーズと再契約した。期間は1年で、代理人によると「$1ミリオンを少し超える」とのこと。前回の契約は3年総額$7.6ミリオン。昨季のプレー内容がよかったことを考えると、予想以上のサラリーダウンと言っていい。FA解禁から3週間、パッカーズの他に複数球団が興味を示していたと言われるが、それほど強い興味ではなかったということだろう。パッカーズとしては慌てずじっくり進めたことが節約につながった。

ジョン・クーン John Kuhn はペンシルヴェニア州ドーヴァー出身の31歳。地元シッペンバーグ大(ディビジョンII)から2005年ドラフト外でスティーラーズに入団し、2年目には9試合に出場。2007年開幕前に解雇されてウェイバーでパッカーズにやってきた。ショートヤーデージではラッシングもこなすブロッキングバック兼スペシャルチーマーという役どころだが、ここ数年はパスプロテクション能力を買われて3rdダウンバックを務めることも多い。ProFootballFocusによると彼は過去2年でプレッシャーを5回しか許しておらず、全FB中最少とのこと。

2014年4月 2日

Notebook: FBクーンとの再契約は