グリーンベイ・パッカーズ年譜
年度 できごと 代表的人物(殿堂入り)
1919年 8月11日、カーリー・ランボージョージ・カルフーンの呼びかけに応じたメンバーが Green Bay Press-Gazette紙の編集室に集まりチーム結成  
  初年度の成績は10勝1敗 Earl (Curly) Lambeau
1921年 American Professional Football Association に加盟(後のNFL)  
1922年 大学選手起用の不正が発覚しフランチャイズ権を剥奪。ランボー個人が資金を調達しNFL再加入。彼が1年だけオーナーも兼ねることに  
1923年 経営危機が株式発行によって救われる。ファン所有の非営利法人化。Andrew B. Turnbull が初代社長に就任  
1925年 City Stadium 完成。当初のキャパシティは約6,000人  
1929年 無敗で初のNFL制覇
ランボーは現役引退してHC/GMに専念
Robert (Cal) Hubbard
1930年 2連覇 3年がかりで22連勝を達成 Mike Michalske
1931年 3連覇 Arnie Herber
1932年 10勝3敗1分けで惜しくも4連覇を逃す John (Blood) McNally
1933年 初めてミルウォーキーでホームゲームを行う (〜1994年)  
1934年 スタンドからファンが転落して巨額の賠償金。財政破綻に陥るが、二度目の株式発行により、グリーンベイの人々がチームを救う  
1936年 4回目の優勝 (プレイオフ制になってからは初) Clarke Hinkle
1938年 5回目の優勝 Don Hutson
1941年 10勝1敗ながらプレーオフでベアーズに敗れ優勝を逃す(真珠湾攻撃のわずか1週間後のこと)  
1942年 セシル・イズベルがNFL初の2000ydsパサーとなるが突如引退  
1944年 ジャイアンツを倒して6年ぶり6回目のNFL制覇 Tony Canadeo
1950年 設立以来ヘッドコーチだったカーリー・ランボーが辞任  
  三度目の株式発行。ウィスコンシン州全体からの支援により財政再建  
1957年 New City Stadium (後にランボー・フィールドと改名)が完成
当初の収容人数は32,150人。建設コストは$96万ドル
 
1959年 ヴィンス・ロンバルディがHC兼GMに就任。12年ぶりの勝ち越し Vince Lombardi
チームカラーのグリーン&ゴールドはこの時期から完全に定着(51年から58年はネイビーとグリーンをいったりきたり)  
1960年 44年以来の西地区優勝。イーグルスに敗れてNFLタイトルは逃す Jim Ringo
1961年 初めて地元で行われたNFL決勝でジャイアンツを完封し7回目の優勝 Paul Hornung
ヘルメットのGマークはこの年から  
1962年 またもジャイアンツを下して2連覇。8回目の優勝 Jim Taylor
1963年 ポール・ホーナングがギャンブルスキャンダルで1年出場停止 Bart Starr
1965年 カーリー・ランボーが死去。スタジアムをランボー・フィールドと改名 Forrest Gregg
ブラウンズを下して9回目の優勝 Ray Nitschke
1966年 カウボーイズを下して2連覇 10回目の優勝 Willie Davis
第1回スーパーボウルでK.C.チーフスを下し初代チャンピオンに Henry Jordan
1967年 "The Ice Bowl"でカウボーイズを下してNFL3連覇 Herb Adderley
  レイダースを下してスーパーボウル2連覇 Willie Wood
SB終了後、ロンバルディHCが辞任しGMに退く。後任はフィル・ベングストンが昇格  
1969年 ロンバルディがGMを辞任してレッドスキンズHCに  
1970年 9月3日、ヴィンス・ロンバルディが死去。享年57歳  
1972年 ダン・デヴァインHCの下で5年ぶりの地区優勝  
1974年 大型トレードでQBジョン・ハドルを獲得するも大失敗  
1975年 名QBバート・スターがヘッドコーチに就任  
1982年 72年以来10年ぶりのプレイオフ出場 (ストライキにより短縮シーズン) James Lofton
1983年 バート・スターHCが辞任、後任は名OTのフォレスト・グレッグ  
1982年 またもストライキ。代替選手チームでシーズン続行(3試合) James Lofton
1988年 フォレスト・グレッグHCが辞任、後任はリンディ・インファンテ  
1989年 ボブ・ハーランが社長に就任  
  ドラフト1巡2位で注目のOTトニー・マンダリッチを獲得するが大失敗  
  17年ぶりで10勝を挙げるがプレーオフを逃す  
1991年 ロン・ウルフがGM兼副社長に就任  
1992年 マイク・ホルムグレンをヘッドコーチに指名  
  ドラフト1巡指名権とのトレードでQBブレット・ファーヴをファルコンズから獲得  
  第3週ベンガルズ戦でファーヴがリリーフ登板して逆転勝ち。翌週から連続先発記録が始まる  
1993年 フリーエージェント制導入とともにDEレジー・ホワイトが入団 Reggie White
82年以来11年ぶりのプレーオフ出場  
1994年 1933年からミルウォーキーでも行われてきたホームゲームはこの年が最後に  
1995年 1972年以来23年ぶりの地区優勝  
1996年 ペイトリオッツを下し29年ぶりのスーパーボウル制覇
12回目のNFLチャンピオン
 優勝パレード写真
 
1997年 3年連続地区優勝 2年連続でスーパーボウル出場するがブロンコスに敗れる  
1998年 6年連続プレーオフ出場を果たすが49ersに逆転負け  
  プレーオフ敗退後、ホルムグレンHCが辞任しシアトル移籍。後任はレイ・ローズ  
1999年 シーズン終了直後にレイ・ローズHCを解任、後任はマイク・シャーマン  
2001年 ロン・ウルフGMが引退、シャーマンHCがGM兼任に  
  3年ぶりのプレーオフ進出  
2002年 5年ぶりの地区優勝  
2004年 3年連続地区優勝、4年連続プレーオフ出場  
  マイク・シャーマンのGM職を剥奪、テッド・トンプソンがGM就任  
2005年 シーズン終了直後にマイク・シャーマンHCを解任、マイク・マッカーシーが後任に  
2007年 3年ぶり地区優勝 10年ぶりNFC決勝進出  
2008年 ボブ・ハーラン会長が引退、マーク・マーフィが新社長兼CEOに  
  ブレット・ファーヴ涙の引退、復帰騒動、トレード。アーロン・ロジャースが先発QBに  
2009年 ワイルドカードでプレーオフ。CBチャールズ・ウッドソンがディフェンス最優秀選手に  
2010年 スティーラーズを下し14年ぶり4回目のスーパーボウル制覇。13回目のNFLチャンピオン