≪ 前へ 1 2 3 4 5 次へ ≫

ちぃさんのランボーフィールド観戦記

■ 10月9日(日) いよいよゲーム

クリックすると拡大しますセインツの選手入場です。マッケンジーが入場すると、予想通り場内一斉に大ブーイング。そりゃそうだ。続いてパッカーズの入場。今日は、ディフェンスのスターティング・メンバーが紹介されるらしく、オフェンスの選手一団が先に入場です。ファーブがいます。私が生ファーブを見るのは1994年に観たプロボウル以来かな?お久しぶりです!もしかしたらこれが最後かも、という考えが一瞬頭をよぎります。

クリックすると拡大しますディフェンスの選手が一人一人紹介されていきます。KGB、アル・ハリスのところでは一段と大きな歓声が起きました。

晴天の下で見るパッカーズのジャージは、確かにゴールド。決して黄色ではありません。緑の芝に絶妙のマッチングです。この絶好の天気でパッカーズのユニフォームを見られただけでお金を払ってもいいとさえ思ってしまいました。 

国歌斉唱。最終章に合わせてF-15戦闘機二機がランボー・フィールド上空を通過です。飛んでくることは予想していましたが、かなりの低空飛行でチョットびっくりです。鳥肌たちまくり。ちょっと悔しいですが、こういうところにアメリカのスケールの大きさを感じてしまいます。

フィールドでは、我々の目の前になんとチア・リーダーが。あれ、パッカーズってチアいないのでは?見たところ地元の高校生か大学生です。素人っぽくて、それはそれでいい感じです。特に一番左の子が・・・。いかん、ゲームが始まる。

場内は興奮のるつぼです。この空間にいることが何だか夢のよう。このランボー・フィールドのパッカーズ・ファンの一人としてここにいるんだ、と思うとさっきの鳥肌がいつまでも消えません。

◆ ◆ ◆

コイントスに勝ったパッカーズのオフェンスから始まりましたが、最初のシリーズはかんたんに3&アウト。ん〜、これは今シーズンこれまで何度も見た光景です。また今日もか、と嫌な予感がよぎりましたが、今日は大丈夫!なんたって我々が日本から来たんですよ。それにラッキーも拾い集めてきたし!

実際、セインツにFGで先制を許しますが、すぐさまTDで逆転、7-3です。今日は違うぞ、と思ったら、1Q残り1分というところで、QBブルックスのパスをなんとアル・ハリスがインターセプト! そのまま我々の目の前のエンド・ゾーンに走りこみ、22ヤードのインターセプト・リターン・タッチダウン! アドレナリン大放出です。のっけから目の前でこんなシーンを見ちゃっていいんですか! もうこれだけで来てよかったと心底思いました。やっぱり今日は違うぞ、と期待もますますふくらみます。

その後はすばらしいオフェンスとディフェンスが続きます。2Qには、RBダヴェンポートが24ヤードのロングゲインを決め、そのシリーズは彼自身の4ヤードのTDランで21-3、エンド・ゾーンのWRファーガソンに25ヤードのTDパスが決まって28-3、そして2Q終了間際にはセインツのファンブルをリカバーして攻撃権を奪い、最後はTEマーティンへの1ヤードTDパスで35-3。もうたまりません。先週までの不振ぶりはどこへやら、まるで別のチームです。

クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します
CBハリスのインターセプト
packers.comより
ベンチでもOLたちはポジションどおりに並んでいた QBファーヴも絶好調
JS Onlineより

ハーフタイムをはさんで3Qになっても、勢いは止まりません。QBファーブからWRファーガソンへの51ヤードのロングパスで大きくゲインしたシリーズは、TEリーへの24ヤードTDパスで締めて42-3。仕上げはLBバーネットの95ヤード・リターンTD。もう笑うしかありません。

第4Qに入ってもう勝敗が決した中、ぐんさんが「ロジャース出さないかなぁ」とつぶやくと、その言葉通り出てきましたドラ1QBロジャースが。もちろんこれが公式戦初出場です。もしかしたら、我々は後のパッカーズ史に残るゲームの生き証人になる? ロジャース君、期待してますよ! 記念すべき初出場は、エンド・ゾーンを背にしたあいにくのフィールド・ポジションだったせいもあって、ほとんどがラン・プレーです。次のシリーズでショート・パスを投げ、NFL初のパス成功。もっとパス・プレーを見たかったですが、あのフィールド・ポジションでは仕方ないですね。

70,580人の大観衆の前で今シーズンの初勝利を飾ったいいことずくめのこのゲーム、終わってみれば取りも取ったり52点。もう腹いっぱい。今シーズンのこれまでの鬱憤を一気に晴らしたような内容に、我々五人も大満足です。(公式スタッツ

■ 10月9日(日) ゲーム後

余韻に浸りながらホテルに戻り、皆で4:15pmスタートのゲームをテレビで見ながら、ジャスティンさんのラップトップでNFL.comのスタッツをチェックです。NPBさんは早速 Packer Zoneへ書き込んでいます。テレビの結果速報で、52-3なぁんて信じられないスコアが出るたびに皆がニコニコしています。

当然みんなご機嫌で話もはずみます。ジャスティンさんやNPBさんが豆知識の深さを披露して、それに感嘆したり、馬鹿ウケしたり。“Fireman Ed”はみんな知っていても、彼の好きな選手が誰かなんてフツー知らないですよね?

時差ボケでしょうか、ぐんさんとがんたさんは部屋で休むとのことで、残った三人でまた買出しに出かけました。行く先は、Kmartなどの衣料品スーパーです。こういうところの方が、値段がずっと安いことは分かっていましたから、実はかなり期待していたんです。かくして、その期待通り、お手頃価格でアウターやトレーナーがいっぱい。もうこうなると、前述した相棒の言葉など忘れてしまいました。厚手のジャンパー、フリース、トレーニングパンツ、タートルネックなど次から次へと買い込みました。鞄に入りきるのか微妙な物量でしたが、もう止まりません。ここまで我慢していた着るモノ関係の購入欲がここで一気に爆発、今日のパッカーズのオフェンスのようです。

≪ 前へ 1 2 3 4 5 次へ ≫

updated : 2006/05/17